就業規則の不利益変更について①~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

query_builder 2021/10/04
ブログ

会社のルールや労働条件等を定めた就業規則は、常時10名以上の社員を抱える事業所では作成し、所轄の労働基準監督署への届出義務があります。


コロナ禍による働き方の変化や業績への影響から、「就業規則を変更したい」というケースが増えているのではないでしょうか。

就業規則を社員の利益になるように変更することは問題ありませんが、規則に明記されている手当を廃止する等、社員側の不利益になる変更(「就業規則の不利益変更」)を行う際には注意が必要です。


それらのポイントを見ていきたいと思います。

NEW

  • 短時間制社員制度導入のすすめ③~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2021/10/19
  • 短時間制社員制度導入のすすめ②~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2021/10/18
  • 短時間制社員制度導入のすすめ①~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2021/10/15
  • 整理解雇を行う場合の注意点③~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2021/10/14
  • 整理解雇を行う場合の注意点②~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2021/10/13

CATEGORY

ARCHIVE