最近耳にする『ジョブ型雇用』とは①~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

query_builder 2021/10/25
ブログ

最近『ジョブ型雇用』とか、『ジョブ型賃金制度』などという言葉を聴くことはないでしょうか。


日本の雇用制度はこれまで、人材を先に採用し、採用した人材に仕事を当てはめていく、いわゆる『メンバーシップ型雇用』が一般的でした。

しかし、最近は専門分野に強い人材を採用する『ジョブ型雇用』が、自律性や責任感を求められるテレワークとの相性もよく、テレワークによる労務管理負担の軽減なども期待できることから注目を浴びてきています。

そこで今回は、会社に合わせた雇用制度を促進する視点から、ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用のメリットとデメリットを見て行きたいと思います。

NEW

  • さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~労働契約における基本的な禁止事項について①~

    query_builder 2022/01/14
  • さいたま市の社労士、栗田社労士事務所です。~ハローワークのオンライン自主応募とは②~

    query_builder 2022/01/13
  • さいたま市の社労士、栗田社労士事務所です。~ハローワークのオンライン自主応募とは①~

    query_builder 2022/01/12
  • さいたま市の社労士、栗田社労士事務所です。~社内公募制度の導入について②

    query_builder 2022/01/11
  • 社内公募制度の導入について①~さいたま市の社労士、栗田社労士事務所~

    query_builder 2022/01/07

CATEGORY

ARCHIVE